「天保六歌仙」とは?
寄席 講談

天保六歌仙とは、二代目松林伯円(しょうりんはくえん)の創作にかかる講談に登場する、六人の男女の総称です。
以下に、その名を挙げます。

河内山宗俊(こうちやまそうしゅん)、片岡直次郎(かたおかなおじろう)、金子市之丞(かねこいちのじょう)、暗闇の丑松(くらやみのうしまつ)、森田屋清蔵(もりたやせいぞう)、三千歳(みちとせ) 。

参考にしたサイト
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E4%BF%9D%E5%85%AD%E8%8A%B1%E6%92%B0
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
無反射フィルムは、蛾の目の構造をまねたものだった?
鬼が「虎柄のパンツ」を履いているのは何故?
映画で、雪の代わりに使われていたある食べ物とは?
ギャンブルの生みの親は誰?
「RSS」とは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告