砂糖泥棒の意外な素顔は?
教師 先生

最近は、教師もまた人の子という概念が広がり、先生が罪を犯しても「ああ、またか」という感じになってきていますが、かつては学校の先生は聖職で、罪を犯すなど想像もつかない時代がありました。
そんな中、この奇妙な事件は起こりました。

昭和24年12月6日のこと、兵庫県鳴尾村小学校の学童給食用の砂糖が、妙な減り方をするということがありました。
調べて見ると、犯人はこの学校の助教員6人で、共謀して50斤ずつ2度に分けて盗み出していたことが判明しました。

何故砂糖などを、と困惑する事件ですが、当時は砂糖は貴重品中の貴重品だったのです。
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「コインの表が出たから、君は死刑じゃ!」
電気を盗んでも罪にならない?
フェアプレイを忘れた元甲子園球児?
鼠小僧の墓前で御用になった万引き男?
45万円も銭湯代を払った意地っ張りな客?

広告

珍事件簿 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告