杉並区にタヌキが出現?
タヌキの 置物

東京都杉並区の、とある住宅街での出来事。
ある晩、暗い夜道を帰宅途中のサラリーマンが、千鳥足で家路に向かっていると、ふと何かが足にゴツンと当たり、取り敢えず「格闘」となりました。

明るい所に引き出して見ると、なんとそれは体長50cm、体重7Kgのタヌキではありませんか!
彼は、このタヌキを近くの交番に引渡したのですが、警察でも扱いに困り、てんやわんやの大騒ぎとなりました。

このタヌキには、首輪も何もついていないので、野生のタヌキらしいと分かり、「拾得物」として処理され、一件落着となりました。
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
首を切り落とされても歩くニワトリ?
経費節減をモットーとした万引き男?
誰もが啞然としたルーレットの目の出方とは?-1913年にモンテカルロのカジノで起こった大珍事!
「金庫破りは体力が勝負」と、トレーニングした泥棒がいた?
しつけが良すぎて、捕まった泥棒?

広告

珍事件簿 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告