マラソン選手は、何故苦しいのに走りつづける?
マラソン 海岸を走るランナー

マラソンをしていると、次第にその苦しみが消え、快感に変わってきます。
これが「ランニング・ハイ」といわれる現象です。

これは、長時間走り続けて、体が痛みや疲労を感じ出すと、防衛本能が働き、脳内でエンケファリンやβ―エンドルフィンなどの、いわゆる脳内麻薬の分泌量が増すためです。

マラソン選手が感じているのは、実は苦痛ではなく、空を飛んでいるような爽快感だったのです。
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
日本の携帯の絵文字が、今や世界標準になってきている?
サングラスは、もともと日よけではなく、裁判官の表情を隠す道具だった?
「売り家と唐様で書く三代目」とは?
酒を飲んで馬で公道を走ると、飲酒運転になる?
えっ? 3本指で食べるのが、ヨーロッパの上流階級の証だった?

スポンサーリンク

雑学 | Trackback(0) | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)