鉛筆は消しゴムで簡単に消せるのに、色鉛筆はなかなか消えないのは何故?
鉛筆は、消しゴムで簡単に消せるのに、色鉛筆はなかなか消えません。
これは何故なのでしょうか?

色鉛筆
色鉛筆

これは、それぞれの製法の違いから来ています。
普通の黒鉛筆は、黒鉛(こくえん)と粘土を混ぜて、1000~1200度の炉で焼き固めて作ります。

一方、色鉛筆は、色のもとになる顔料(がんりょう)の粉に、書き味をよくする蝋(ろう)、固めるための合成樹脂、合成のりなどを加えて、50度の乾燥機の中で、約70時間乾燥させて作ります。

黒い鉛筆で書いた字は、消しゴムでこすると、紙についている黒鉛の粉が消しゴムにくっついて、簡単に消しくずの中に丸めこまれていきます。
が、色鉛筆の方は、蝋でべっとりと紙にくっついているため、容易には消えないのです。

広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
パトカーと同じデザインの車で走ることができる?
元が日本を侵攻できなかったのは、搬送中に馬が弱ってしまったからだった?
「リダイレクト」とは?
エジソンがほれ込んだ京都の竹?-白熱電球開発秘話
千羽鶴を折る習慣は、外国にもある?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告