日本で最初の年賀状は?
日本には、古くから上流階級で年賀の挨拶を書状にして述べる風習がありました。
平安期の学者、藤原明衡(ふじわらのあきひら)が著した手紙の模範文集「雲州消息(うんしゅうしょうそく)」には、年始あいさつ状の文例があり、これが現存する最古の年賀状のようです。

年賀状 投函

明治4年(1871年)に郵便制度が発足し、明治6年(1873年)に郵便はがきが発売。
明治7年(1874年)には、年賀はがきが発売されました。
そして、「年賀状は、年始の簡潔な挨拶状に適している」ということで、徐々に年賀状を出す風習が広まっていきました。

が、当時は、年賀状は書初め(かきぞめ)の1月2日に書き、松の内(まつのうち)の7日までに出すことが多かったようです。
現在のような、元旦に届くスタイルになったのは、明治時代後半のことです。

参考にしたサイト
年賀状の起源-スナックハーモニー
http://harmonyatsugi.web.fc2.com/kyusoku/015nenga.html
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「高血圧」とは?
マンホールの蓋は、何故円い?
悲しいときには、悲しい曲を聴いた方がいい?
爪のような硬いものが、体内から出てくるのは何故?
火山の噴火を予知した伊豆のワニたち?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)