アルコールを飲むと、何故尿の量が増える?
アルコール

アルコールを飲むと、脳下垂体から出ている「抗利尿ホルモン」が出なくなるため、尿の量が増えます。
このホルモンは、文字通り、「利尿」と逆の働きをし、おねしょなどをしないように抑える働きがあります。
お酒を飲むと、このホルモンの分泌がストップするため、尿の量が増えます。

また、アルコールを飲むと、水分を取るので、当然排出される尿の量も多くなります。
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
明治時代の学校では、折り紙を教えていた?
「散太鼓」とは、どんな太鼓?
コピー用紙を43回折ることができれば、月に届く距離になる?
選挙の投票用紙は、いつまで保管されている?
理想的な鼻のプロポーションとは?

広告

雑学 | Trackback(0) | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告