クレヨンとクレパスの違いは?
クレヨン

クレヨンとクレパスは、どう違うのでしょうか?

クレパスは、1925年(大正14年)に桜商会(現サクラクレパス)が開発したもので、同社の登録商標です。
クレヨンが顔料などを固めるのにパラフィンを使うのに対し、クレパスは油脂を使っています。
そのため、クレヨンよりもクレパスの方が軟らかく伸び伸びと描け、面を塗りつぶすのに適しています。

ちなみに、この「クレパス」という名前は、「クレヨン」と「パステル」の造語です。

それぞれの特徴としては、クレヨンは透明感があり、軽いタッチの絵が描ける一方、クレパスは不透明で、油絵のような重厚なタッチの絵が描けます。

参考にしたサイト
クレヨンとクレパスの違い-文具の春日堂
http://store.yahoo.co.jp/kasugado/a5afa5eca5.html
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「猿まね」は嘘?
「箱根駅伝」は、もともとアメリカ大陸横断駅伝の予選会だった?
スイスの郵便ポストの色は何色?
ズッキーニには、どんな栄養がある?
ラクダのコブは、張りがあるうちが花?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)