酸素のない宇宙で、太陽は何故燃えることができる?
燃える 太陽

酸素のない宇宙で、太陽は何故燃えることができるのでしょうか?

熱が出る現象は、「物質が酸素と結合して燃える」という身近なものだけではありません。
例えばディーゼルエンジンのように、気体が圧縮される場合や、原子などのミクロの世界で物質が壊れたり(分裂)、ぶつかったり(融合)する場合などもあります。

現在太陽で起きている現象は、水素の核融合反応(かくゆうごうはんのう)と呼ばれるものです。
これは、水素原子が4個くっついてヘリウムになる際に、大きな熱と光を出す現象です。
このため、太陽は酸素がなくても光ることができます。
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「QWERTY配列」とは?
甲子園球場がある都道府県はどこ?
世界で最も深い海溝は?
パーマのウェーブは、泥から生まれた?
日本最初のホームページは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告