酸素のない宇宙で、太陽は何故燃えることができる?
燃える 太陽

酸素のない宇宙で、太陽は何故燃えることができるのでしょうか?

熱が出る現象は、「物質が酸素と結合して燃える」という身近なものだけではありません。
例えばディーゼルエンジンのように、気体が圧縮される場合や、原子などのミクロの世界で物質が壊れたり(分裂)、ぶつかったり(融合)する場合などもあります。

現在太陽で起きている現象は、水素の核融合反応(かくゆうごうはんのう)と呼ばれるものです。
これは、水素原子が4個くっついてヘリウムになる際に、大きな熱と光を出す現象です。
このため、太陽は酸素がなくても光ることができます。
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
クレオパトラの黒髪は、実はかつらだった?
スリッパは、日本で生まれた?
「山下達郎」「ユーミン」「サザン」は、俳句の季語になっている?
グリーンランド(緑の大地)は、極寒の地に移住者を集めるための誇大広告?
インドには、木と結婚できる風習がある?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)