乳酸菌飲料に入っている乳酸菌は死んでいる?
乳酸菌飲料

乳酸菌飲料には、殺菌してあるタイプとないタイプの2種類があります。
カルピスなどは、殺菌タイプの乳酸菌飲料で、スーパーなどで冷蔵ケースで売られているものが殺菌していないタイプです。
ヤクルトなどがこれにあたります。
殺菌タイプのものは、当然乳酸菌は死んでいます。

それでは、死んだ乳酸菌を飲んでも意味がないのでしょうか?

実は、乳酸菌飲料に入っている乳酸菌が生きているかどうかにかかわらず、その乳酸菌自体の成分や、発酵により作り出された生産物が、腸内で吸収されることによって、抗腫瘍、血圧降下、血液中のコレステロール低下、免疫作用の活性化などの効果を示すことが明らかになっています。

なので、乳酸菌が生きているかどうかには、あまりこだわる必要はなさそうです。

参考にしたサイト
殺菌された乳酸のはたらき
http://www.mayeda-sangyo.co.jp/sp/lactic.html
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「Q&Aサイト」とは?
震度とマグニチュードの違いは?
頭に「たんこぶ」ができるメカニズムは?
カタカナ用語を多用する若手政治家の狙いとは?
「相撲の三役」とは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告