現金書留封筒強奪事件発生?
郵便局

水と安全はタダ、と言われる日本ですが、以前は刑事物語や西部劇さながら、郵便配達人も短銃を携行している時代がありました。

郵便制度発足後まもなくの1873年(明治6年)12月15日のこと、甲府郵便局から輸送中の郵便配達員が強盗に襲われ、書留の現金が強奪されるという事件が起こりました。
この事件以後、郵便配達員は、六連発短銃の携行を許されることになりました。

郵便強盗は、今では通用しない犯罪ですが、この事件は迷宮入りしたため、文字通り幻の完全犯罪となりました。
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
小鯛の骨は、人まで殺す?
45万円も銭湯代を払った意地っ張りな客?
オーストラリアの銀行が、ネコにクレジットカードを発行?
稀代の超能力者は、いかにしてバケの皮をはがされたか?
死のゲームに負けた少年?

広告

珍事件簿 | Comments(1) |
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2007-08-01 水 00:32:47
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告