スピード違反を激減させた、粋なアイディアとは?
高速道路 スピード違反

車社会には、スピード違反がつきものですね。しかも、その違反スピードは年々大きくなるばかり。

西ドイツのフライブルグという町でも、やはりラッシュアワー時のスピード違反に悩まされていました。
裏通りに入った車が、ここぞとばかりに突っ走るのです。
しかし、それらの車を一台一台捕まえていてもきりがありません。

そこで、当局は、ユニークなスピード違反取締り法を考えました。
センターラインはそのまま残し、道路に木を植えたのです。
その結果、ドライバーたちは木をよけながらジグザグ運転を強いられることになり、スピード違反をしたくてもできない状態となりました。
かくして、違反者は減り、事故も減り、騒音も減り、めでたしめでたしとなりました。

しかしこれ、なんとも粋なアイディアですね。
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
現金40億円を盗んだ、あっぱれな強盗?
労多くして報われない、”おつり詐欺”の手口とは?
ムショ志願を果たせなかった男?
オーストラリアの銀行が、ネコにクレジットカードを発行?
マッチ棒が決め手で、ついに自白?

広告

珍事件簿 | Comments(1) |
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2007-07-19 木 22:51:14
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告