日本で最初にパンを焼いた人は誰?
日本で最初にパンを焼いたのは、江戸時代後期の幕臣で伊豆韮山代官、通称太郎左衛門(たろうざえもん)と呼ばれた江川英龍(えがわ ひでたつ、享和元年(1801年) - 安政2年(1855年))です。

江川英龍
江川英龍

江川英龍は当時、国防上の観点からパンの効用に着目し、日本で初めてパンを焼いた人物で、パン業界から「パン祖」と呼ばれています。
実際に彼が焼いたのは、軍用携帯食糧としての乾パンだったようです。

なお、パン自体は、これよりも約250年早い1543年に、種子島に来たポルトガル船によって鉄砲といっしょに伝来しました。
そして、その後宣教師の布教活動とともにパン食の普及も始まり、織田信長が食べたという記述も残っています。
が、キリシタン弾圧や鎖国によって、しばらく途絶えていました。

ちなみに、「パン」の語源は、ポルトガル語のポン(Pao)からきています。

参考にしたサイト
江川英龍 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/江川英龍
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
読売ジャイアンツだけが巨人「軍」と呼ばれるのは何故?
「盛り塩」は、皇帝をひきつけるための仕掛けだった?
切手を発明したのは誰?
カニの甲羅は、人口皮膚になる?
「幻肢」とは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告