「けんちん汁」とは?
けんちん汁

けんちん汁とは、崩した豆腐と千切りにした大根・ゴボウ・芋などの野菜を油で炒めたものを入れたすまし汁のことで、日本の各地に古くから伝わる郷土料理のひとつです。

けんちん汁の語源は、臨済宗の本山、鎌倉建長寺の庫裡で、修行僧たちが作った建長汁(ケンチョウジル)がなまったものといわれます。
が、これは俗説で、中華料理の巻繊汁(ケンチェンジル-モヤシを胡麻油で炒め、塩・醤油で、味付けした物)が語源のようです。

参考にしたサイト
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%91%E3%82%93%E3%81%A1%E3%82%93%E6%B1%81
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
宝くじには税金がかかる?
私書箱は、誰でも作れる?
献血が、いつもいつも呼びかけられているのは何故?
高校野球・夏の甲子園で、敗者復活から優勝した高校があった?
マヨネーズは、何故腐らない?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告