銀行員に説得された、情けない銀行強盗?
銀行

1985年1月、東京・中野にある平和相互銀行中野北口店での出来事。
ジャンパーを着た70歳の老人が、店内に入り、カウンターに歩み寄りました。

「支店長はおるか」

そこで、預金係が、

「ご用件は?」

すると、老人はポケットから果物ナイフを取り出し、

「ゼニコを出せ」

が、対応している銀行員には、強盗に相対しているという実感がちっとも沸きません。
何しろ、相手は弱そうな老人だし、武器ときたら、たかが果物ナイフです。
が、一応中野署に通報しました。

預金係が、

「何故お金を出さなくてはならないんですか」

「とにかくナイフをしまうように」

などと説得すると、老人は、

「こんなことしていいわけないわな」

と言いながら、ナイフを引っ込めました。
そして、

「お帰りくださいませんか」

の声に老人が銀行から出たところを、銀行員の合図で警官が逮捕しました。

取調べによると、この老人は職探しをしていて、6万5000円すられたとかで、帰る所もない身でした。
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
フェアプレイを忘れた元甲子園球児?
仰天! 1ヶ月で3万人蒸発のミステリー?
後世に語りつがれる強盗?
砂糖泥棒の意外な素顔は?
稀代の超能力者は、いかにしてバケの皮をはがされたか?

スポンサーリンク

珍事件簿 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)