富士山の「5合目」は、山頂まで半分の地点ではないって本当?
富士山

古代から、信仰の対象として、また日本の象徴として愛されてきた富士山
近年では、外国人にも「富士山」のファンが多く、日本国内ばかりでなく、海外からも多くの登山者が訪れています。

さて、その富士山の標高は、3776メートルです。
そのため、多くの方は、「5合目」と聞けば、その半分の1888メートルあたりであろうと考えがちです。

しかしながら、実際には、吉田口から登った場合の5合目は約2305メートル、御殿場口から登った場合は約1440メートルと、真ん中の地点ではないのです。

それでは、この「合目」というのは、一体どのようなところから来ているのでしょうか?

この由来に関しては、諸説あります。
山を登りながら米粒を蒔(ま)いたとき、1合なくなった地点が1合目という説や、夜の登山で、提灯(ちょうちん)に使う油が1合なくなった地点が1合目という説もあります。

「はてさて、我輩が富士山に登るためには、どのような手法があるであろうか?」
「ウーム、……」
木の上で 考える 猫
写真は、こちらからお借りしました。

「合目」の他の由来としては、登山の路程(ろてい)を難易度に応じて10区間に分けたという説もあります。
この説によれば、頂上に近づくに従って登山が難しくなるため、合目間の距離が短くなっていくことになります。
語源・由来
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
野球チームの投手と捕手を「バッテリー」と呼ぶのは何故?
「春一番」という爽やかな言葉の背景には、悲しい物語があった?
「大統領」は、大工の棟梁のことだった?
「まったり」の語源は?
十二支に「猫」が入っていないのは何故?

スポンサーリンク

語源・由来 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)