かつて、郵便ポストは公衆便所と間違えられたことがある?
郵便 ポスト

日本で郵便制度が始まったのは、1871年(明治4年)のことです。
最初につくられたポストは「書状集箱」と呼ばれ、東京・京都・大阪の3都市と、東海道の宿場に設置されました。

翌年の1872年には全国で郵便制度が実施され、たくさんのポストが必要になりました。
そして、このときに設置されたのが、角柱型の黒いポスト「黒塗柱箱(くろぬりはしらばこ)」でした。

黒塗柱箱
黒塗柱箱

しかしながら、当時はまだ、文字通り郵便制度が始まったばかりだったため、「郵便」という言葉自体が、一般に馴染(なじ)みがありませんでした。

そのため、ポストに書かれた「郵便箱」という文字を「垂便箱(たれべんばこ)」と読み違えて、公衆便所と勘違いして放尿する人がたくさんいた、というエピソードが残っています。


ちなみに、このポストですが、1901年(明治34年)になると、火事にも強い鉄製の赤色丸型ポストが登場します。
このときに、ポストの色を「赤色」にしたのは、ポストの位置を分かりやすくするためでした。
同時に、角を丸くして、通行の邪魔にならないようにもしました。

そして、昭和12(1937)年に日中戦争が始まって、戦時体制下に入ると、物資対策のため、ポストは鉄製のものに代わってコンクリートや陶器など、代用の資材を用いたものが出現します。

が、昭和20年(1945年)に終戦を迎えると、再び鉄製のポストが復活します。

昭和24年(1949年)の郵便差出箱1号(丸型)を最後に、丸形のポストは姿を消し、それ以降は、大量の郵便物の差し出しや取り集め作業のスピードアップをはかるために、角型へと形を変えます。

参考にしたサイト
トイレにされた郵便ポスト-勘違いから起こった出来事
http://zatugaku-matome.com/toire.html
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
コーヒーを飲むと、頭が良くなる?
東京タワーは何でできている?-戦車の鉄でできていた
クジャクの羽は、何故目玉模様?
くしゃみの飛び出す速度は?
世界の金持ちペット、ベスト10

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)