畳が同じ方向に敷き詰められていないのは何故?
畳 祝儀敷き

和室の畳の敷き方をよく見てみると、同じ方向にそろえて敷き詰められていないことが分かります。
これは、何故なのでしょうか?

畳の敷き方には、2種類あります。
通常の敷き方を「祝儀敷き(しゅうぎじき)」、同じ向きにそろえた敷き方を「不祝儀敷き(ふしゅうぎじき)」と呼びます。

不祝儀敷きは、畳の四隅が合うことから「死」を連想し、忌み嫌われてきました。
寺や大広間は不祝儀敷きです。

戦前の大阪の借家は、建具と畳は店子(たなこ)の自前だったこともあり、引越しで持っていっても、畳がきちんと納まりました。
が、近年では同じ六畳でも広さは様々で、部屋に合わせて畳が作られています。
そのため、敷きなおすことは難しいでしょう。
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
電子レンジで温めた料理は、食べても心配はない?
みかんをもむと甘くなるというウワサは本当?
1770年生まれのベートーベンは、1772年に生まれたと信じ込んでいた?
畳の敷き方にも、理由がある?
日本列島は、何故弓なりか?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)