黒板をひっかいたときの”あの音”が不快なのは何故?
引っかく 猫

学校にある黒板やすりガラス、また発砲スチロールを引っかいたりこすったりするときに出る、

「キキッ!」「キュッキュッ!」

という音。

あの音が、何とも不快に感じるのは何故なのでしょうか?

近年の研究によれば、人間が最も不快に感じるのは、2000~4000ヘルツの音で、人間のは、この周波数帯域の音を増幅する構造になっているのだといいます。

こうした音が耳障りに感じる原因は明らかにされていませんが、ひとつには、遥(はる)か昔の人類の天敵の声に似ているからとする説もあります。

その説によれば、人類は”あの音”に過敏(かびん)に反応することで危険を避け、生き延びてきたというのです。
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
電気プラグの先にある穴は何?
乳酸菌飲料に入っている乳酸菌は死んでいる?
行者が行なう「火渡り」のカラクリは?
宝くじには税金がかかる?
夏目漱石は、「吾輩は猫である」のネコが死んだとき、死亡通知を出した?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)