ウェディングドレスは、何故白い?
ウェディングドレス 結婚式

「ウェディングドレス」と聞いてイメージする色は、白です。
花嫁は、みな一様にに白いドレスを着ますが、これは何故なのでしょうか?

1840年(天保11年)2月10日に、イギリスのビクトリア女王がアルバート公と結婚式を挙げました。
その際、女王が身にまとったのが、白サテンのドレスとレースのベールでした。

それまでは、婚礼衣装に決まった色はありませんでした。
が、子宝に恵まれて理想の家庭を築いた女王にあやかろうと、上・中流階級の女性たちはこぞって女王の真似をし、白いウェディングドレスを着るようになりました

かくして、白いウェディングドレスは「純潔」の象徴となり、19世紀後半には、イギリスの一般庶民にまで広がったのです。

ちなみに、このウェディングドレスが日本で普及したのは、戦後の高度経済成長の時代です。
語源・由来
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
豆腐は、「腐った豆」という意味ではなかった?
「太刀魚(タチウオ)」の語源は、立って泳ぐという意味の「立魚」から?
トランプの「ババ抜き」は、何故「婆」なのか?
十二支に「猫」が入っていないのは何故?
水戸黄門の「黄門」の由来は?

スポンサーリンク

語源・由来 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)