ワインを、「横」に寝かせて保管するのは何故?
ワインセラー 寝かす 保管

ワインは、横に寝かせて保管されます。
これは、何故なのでしょうか?

ワインは、温度変化が少なく、光の当たらない涼しい場所で保管するのが一般的です。
これは、温度が低ければ、ワインの成分と瓶(びん)の中にある酸素が引き起こす化学反応が抑えられ、品質が維持できるからです。

それでは、その際、瓶を「横」にした状態で保管するのは何故なのでしょうか?

実は、その理由は思わぬところにありました。
それは、なんと、ワインでコルクを湿らせておくためだったのです!

コルクは、弾力性に富んでおり、適度に空気を通します。
そのため、ワインの熟成に適しており、また、腐敗しにくいという特徴ももっています。

しかしながら、コルクは乾燥すると、収縮してしまいます。
収縮すると、その弾力性を失い、硬くなってしまいます。

硬くなったコルクは、空気を通しやすくなり、ワインの酸化を進ませてしまいます。
さらには、栓を抜く際、崩れやすくなってしまいます。

そのため、ワインは横に寝かせて保管されるのです。
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
鎌倉の大仏が、もしも立ち上がったら何メートル?
ファックスは、何故電話回線で送れる?
「Q&Aサイト」とは?
「Retinaディスプレイ」とは?
「茴香」とは?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)