「ボーナス」の起源となった、江戸時代の習慣とは何?
ボーナスと 大企業

「ボーナス」という言葉の語源は、ラテン語で「良い」を意味する「bonus(ボヌス)」に由来するといわれています。

日本におけるボーナスは、江戸時代に商人に支給されていた「お仕着せ」の習慣を起源とするというのが通説となっています。

「お仕着せ」というのは、盆暮れ、あるいは薮(やぶ)入りの直前に、従業員に新しい着物を与え、小遣いなどを支給するしきたりです。

明治に入ると、三菱商会(現:三菱商事)が1876年(明治9年)に、社員の頑張りに対する報酬として、上級社員に5円、下級社員に1円を支給。現在のボーナスにあたる賞与制度を実施しました。
これが、大企業を中心に浸透していったのです。

ボーナスは、当時は企業の景気が良いときに出す「賃金の補足」という意味合いの強いものでしたが、戦後になると、インフレが進行したため、生活困難を補填(ほてん)する「一時金」という意味での支払いに変わっていったといいます。
語源・由来
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「お茶を濁す」とは、安いお茶を上等な抹茶に見せかけること?
節分は、実は年に4回ある?
「贔屓」の語源は?
ソフトボールが、野球よりも大きなボールになった理由とは?
「草津」の語源は、「臭かった」から?

スポンサーリンク

語源・由来 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)