結婚指環を、左手の薬指にはめるのは何故?
指環の交換 結婚式


結婚指環(けっこんゆびわ)は、左手の薬指にはめます。
これは、何故なのでしょうか?

この習慣は、古代ギリシャにあるといわれます。
この時代には、心は心臓にあり、左手の薬指には心臓につながる太い血管があると信じられていました。
そのため、この指に結婚指環をはめることが、2人の永遠の愛を象徴すると考えられていたのです。

しかしながら、11世紀頃、カトリック教会が結婚指環に祝福を与える儀式を与えた当初は、指環をはめる指については厳密な決まりはなかったともいわれます。

ちなみに、指環をはめる指は、日本では左手です。
が、ドイツや東ヨーロッパ、北ヨーロッパの一部の国々では、右手の薬指にはめるのが一般的のようです。
語源・由来
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「贔屓」の語源は?
「ガチンコ勝負」の「ガチンコ」の語源は、相撲取り同士がぶつかる音から?
演歌は、もともと演説の歌だった?
「ホットドッグ」の「ドッグ」とは、ダックスフントのことだった?
「ファスナー」「ジッパー」「チャック」のうち、日本生まれのものはどれ?

スポンサーリンク

語源・由来 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)