コカ・コーラは、新薬の研究過程で生まれたって本当?
コカ・コーラ

世界中で愛されている飲み物・「コカ・コーラ」。
このコカ・コーラの誕生の背景には、新薬の研究があるといいます。

1886年のこと、アメリカはアトランタの薬剤師であるペンバートンは、新薬の開発を終え、自宅裏にある納屋(なや)でキャラメル色のシロップを試作しました。
この過程で偶然できたのが、「コカ・コーラ」だったのです。

コカは、原料となる中南米産のコカの実、コーラはアフリカ産のコーラの実のことです。
いずれも、滋養強壮(じようきょうそう)効果があるといわれています。

当初コカ・コーラは、純粋に薬として利用されていたのですが、やがてソーダ入りの炭酸飲料として普及するようになりました。

ちなみに、コカ・コーラと並んで有名な「ペプシ・コーラ」ですが、こちらは1895年にノースカロライナの薬剤師が医薬品の調合中に偶然作ったものでした。
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「ギネスブック」とは?
スキー競技には、女子ジャンプがない?
缶詰は、発明された当時、ハンマーと鑿(のみ)であけていた?
トランプの絵札の、意外なモデルたちとは?
ビールを透明なビンに入れると、味が落ちる?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)