日本で「奇数」が好まれるのは何故?
奇数 数字

日本では、ひな人形を飾る桃の節句は3月3日、端午(たんご)の節句は5月5日、七夕は7月7日、重陽(ちょうよう)は9月9日と、「五節句」はいずれも奇数日です。
また、「七五三」もすべて奇数となっています。

そればかりではありません。
結婚式のご祝儀(しゅうぎ)も、割り切れる数字は”別れる”からと敬遠(けいえん)されて奇数が多く、また、香典においても、不幸が重ならないようにと、1万円、3万円などの奇数が選ばれます。

一体全体、日本では、何故これほどまでに奇数にこだわるのでしょうか?

これは、中国由来の「陰陽道(おんみょうどう)」が関係しているとされます。
陰陽道においては、奇数は「陽」の数字なので「吉」、偶数は「陰」の数字なので「凶」とされます。

そのため、奇数を尊ぶ風習が根づいたといいます。
語源・由来
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「四苦八苦」とは?
「冷たい」の語源は?
「ケリーバッグ」の由来は?
そもそも「へなちょこ」とは何?-意外なその語源
「上戸」、「下戸」は税金の言葉からきた?

スポンサーリンク

語源・由来 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)