ガソリンの「レギュラー」と「ハイオク」は、そもそも何が違う?
ガソリン スタンド 給油

昔、「車はガソリンで走るのです」という、ガス欠になった車をのどかに押して行くCMがありましたが、そのガソリンには、「レギュラー」と「ハイオク」があります。
この2つは、そもそも何が違うのでしょうか?

これらのそもそもの違いは、「オクタン価」の違いです。
オクタン価とは、燃料のノッキング(異常燃焼)のしにくさを表わす尺度(しゃくど)のことです。
この値が高いほど、ノッキングを起こしにくくなります。

JIS規格では、ハイオクはオクタン価96以上、レギュラーは89以上と規定されています。
ハイオクには、エンジン内部の汚れを取り除く清浄剤(せいじょうざい)が添加されているのも特徴です。

なお、ハイオクにレギュラーを入れると、その性能を十分に発揮できなくなるので推奨(すいしょう)できませんが、逆に、レギュラー車にハイオクを入れても何ら問題はなく、レギュラーよりも優れた効果が期待できる面があるようです。

ちなみに、ガソリンは、アメリカではガスと呼ばれることが多く、燃料切れを意味する「ガス欠」は、ここから来ています。
お役立ち 情報
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「酒をチャンポンで飲むと悪酔いしやすい」というのは、ウソ? 本当?
効果バツグンの薬とのつきあい方とは?
備長炭で調理すると、何故おいしくなる?-備長炭の秘密
下水の臭いを取るには?
貝の砂をしっかり吐かせるには?

スポンサーリンク

お役立ち情報 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)