節分は、実は年に4回ある?
節分 鬼 豆まき

「節分(せつぶん)」と聞くと、2月3日(2月4日のときもあります)を連想します。
が、実は節分は、本来年に4回あるのをご存知でしょうか?

そもそも節分とは、「節(=季節)」が「分かれる(移り変わる)とき」のことで、季節の変わり目を指していました。
旧暦では、立春(りっしゅん)、立夏(りっか)、立秋(りっしゅう)、立冬(りっとう)で、それぞれの前日はすべて「節分」と呼ばれていたのです。

その中でも、2月の節分が特に注目されるのは、旧暦では1年の始まりが立春にあると考えられていたためです。
立春を新年とすると、その1日前の節分は、大晦日(おおみそか)にあたります。

大晦日には、民間では柊(ひいらぎ) の枝にいわしの頭をつけて門戸にかざし、また日暮れに豆まきをして追儺(ついな、=厄払い)を行なう習慣があります。

豆まきは本来、その年の最後を締めくくる行事だったのです。
語源・由来
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「今川焼き」の語源は?
「手を抜く」の語源は?
「足を洗う」の語源は?
「ガチンコ勝負」の「ガチンコ」の語源は、相撲取り同士がぶつかる音から?
演歌は、もともと演説の歌だった?

スポンサーリンク

語源・由来 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)