外食店の看板に「赤」が多いのは何故?
飲食店 大坂 道頓堀

街を歩くと、飲食店の看板の多くには、「」い色が使われていることが分かります。
個人経営の店ばかりでなく、大手外食企業が展開する店舗にも、赤、もしくはそれに準じるオレンジ色、黄色などの看板があふれています。

ファーストフードの代表格であるマクドナルドやケンタッキーフライドチキンなども、その例外ではありません。

これは、何故なのでしょうか?

これには、もちろん「目立たせる」という目的もあります。
が、それだけではありません、
他にもうひとつ、赤には重要な、心理的効果があるのです。
それは、「食欲を誘う」効果です。

「ええっと...」「赤って、どんな色だったかニャン?」
度忘れした 猫
写真は、こちらからお借りしました。

赤には、ほかにも「活動を積極的にさせる」「感情を高ぶらせる」などの効果もありますが、赤は、色彩と心理との関係についていえば、食欲ときわめて結びつきの強い色なのです。
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「相撲の三役」とは?
カメの甲羅は、何故六角形?
感謝! 100万アクセス達成!
「トースト」とは、乾杯のこと?
「増粘多糖類」とは?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)