「印象派」は、もともと悪口から生まれた言葉だった?
【クロード・モネ】 庭の女たち
【クロード・モネ】  庭の女たち
写真は、こちらからお借りしました。

印象派の画家は、日本人にも大人気ですが、もともとこの「印象派」という名称は、批評家による悪口だったといいます。

1873年(明治6年)のこと、フランスはパリで権威のあったサロン(官設展覧会)に落選したモネ、セザンヌ、ルノワールら約30人の若い画家たちは、サロンに対抗して、翌年の1874年(明治7年)に無審査のグループ展を開きました。

このグループ展にはいろいろな人が訪れましたが、その中のひとりに、ルイ・ルワロという新聞記者がいました。
ルワロは、このグループ展をこき下ろし、モネが出展した「印象――日の出」という作品を、「描きかけの壁紙のほうがマシ」と酷評(こくひょう)しました。

そして、

「「印象」か、確かに私もそう思う」

と批判。
加えて、皮肉を込めて、このグループを「印象派」と呼びました。

つまり、「印象派」というのは、もともと彼らの作品に対する嘲(あざけ)りの言葉だったのです。

かくして、世間から理解されずに嘲笑(ちょうしょう)の的となった若い画家たちでしたが、グループ展が3回目を迎える頃には、胸を張って、自ら「印象派」と名乗るようになったといいます。
語源・由来
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「惑星」の語源は?
「ランドセル」の語源は?
「小倉あん」の語源は?
「ほくそ笑む」の語源は?
「カフェオレ」と「カフェラテ」のそもそもの違いは?

スポンサーリンク

語源・由来 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)