「カフェオレ」と「カフェラテ」のそもそもの違いは?
カフェオレ スマイル

「カフェオレ」と「カフェラテ」。
この2つは、そもそもどこが違うのでしょうか?

「カフェオレ」がフランス語であるのに対して、「カフェラテ」はイタリア語。
どちらも、「ミルクが入ったコーヒー」という意味です。

この2つの1番の違いは、そのコーヒー部分です、
比較的浅煎(い)りの豆をこしたドリップコーヒーを使うのがカフェオレで、深煎りの豆を高い圧力で抽出(ちゅうしゅつ)したエスプレッソコーヒーを使うのがカフェラテです。

「そもそも、コーヒーというのは何物ワンか?」
コーヒーと 犬
写真は、こちらからお借りしました。

そして、コーヒーとミルクの分量(割合)にも違いがあります。
一般的に、カフェオレは50:50でほぼ同量を入れるのに対して、カフェラテはエスプレッソを使うため、20:80とミルクの量がかなり多いのが特徴です。
語源・由来
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「サクラ」の語源は?
十二支に「猫」が入っていないのは何故?
「小倉あん」の語源は?
トイレを「かわや」と呼ぶのは何故?
カボチャは、「カンボジア」が訛(なま)ってできた言葉?

スポンサーリンク

語源・由来 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。

掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)