「ベルサイユのばら」の最終回はどうなる?
池田理代子原作の歴史フィクション漫画・「ベルサイユのばら(通称「ベルばら」)」で、最終回はどうなるのでしょうか?

ベルサイユのばら
写真は、こちらからお借りしました。

パリでは、王政(おうせい)に対する不満から、革命(かくめい)の機運(きうん)が高まっていました。
近衛兵(このえへい)の隊長であるオスカルは、自分の行く道に迷います。

その中で、いつも側(そば)にいたアンドレへの愛に気づき、2人は契(ちぎ)りを交わし、永遠の愛を誓(ちか)い合います。
そのアンドレは、民衆(みんしゅう)とともに歩(あゆ)むといいます。

オスカルも、今や夫となったアンドレの意思(いし)こそ、自分の進むべき道であると決めます。
そして、隊員の総意(そうい)のもと、オスカル率(ひき)いる近衛B隊は、王室(おうしつ)を離れて民衆とともに戦うことを選びます。

だが、なんということでしょう。
その初戦(しょせん)、アンドレは敵の流れ弾(ながれだま)に当たり、命を落としてしまいます。

革命の戦いを前に、オスカルは失意(しつい)の底にいました。
彼は、夜明けまでパリをさまようと、ようやく戦意(せんい)を取り戻し、バスティーユに向かう民衆(みんしゅう)に合流します。
そして、元B中隊を指揮(しき)し、前線(ぜんせん)にてバスティーユ監獄(かんごく)への砲撃(ほうげき)を開始します。

オスカル率(ひき)いる元B中隊の、正確な砲撃にうろたえたバスティーユの兵士たちは、砲撃の指揮をとるオスカルに、一斉(いっせい)に銃口(じゅうこう)を向けます。
が、それに気づかぬオスカルは、一瞬、空を飛ぶハトを見ます。

その刹那(せつな)でした。
敵の一斉射撃がオスカルの体を貫(つらぬ)き……、オスカルは、大地に崩(くず)れ落ちます。

すぐに安全な場所に運ばれ、地面に横たえられたオスカルは、朦朧(もうろう)とする意識(いしき)の中で、隊員たちに命令を下します。

「味方の砲撃の音が聞こえないぞ。バスティーユを落とすのだ」

その言葉を聞いた元B中隊の面々は、刻々と迫るオスカルの死を感じながら、悲しみを振り払って前線に出ます。
そして、彼らの砲撃は民衆の道を切り開き、バスティーユへの総攻撃が開始されます。
かくして、ついに革命の端緒(たんしょ)が開かれたのです。

その音を聞きながら、オスカルは亡くなったアンドレの面影(おもかげ)を想います。
そして、その面影を追いかけるようにして、静かに息を引き取るのでした。

その戦いから5年後。
隊員だったアランと、革命の先鋒(せんぽう)を担(にな)ったベルナールによって、その後の歴史とアントワネットたちの運命が語られます。

その内容は、歴史どおりの道筋を辿(たど)りますが、王妃(おうひ)アントワネットは死刑の間際に、オスカルを想って造花(ぞうか)のバラを残したといいます。
そしてそれは、汚(けが)れなき白いバラでした。

「ベルサイユのばら」のテレビ放送
放送期間:1979年10月10日 - 1980年9月3日(全40回)
放送時間:水曜日19:00~19:30
放送局:日本テレビ系
出演者:オスカル(田島令子)、アンドレ(志垣太郎)
漫画・アニメ
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ドラミちゃんに耳がない、その泣ける理由とは?
(今ここ)「ベルサイユのばら」の最終回はどうなる?
オバケのQ太郎は、何故犬が苦手?
「最終回が待ち遠しい!結末が気になる漫画ランキング」ベスト10
赤塚不二夫の漫画、人気キャラクターベスト10は?

スポンサーリンク

漫画・アニメ | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)