「帝王切開」は、誤訳から生まれた?
帝王切開 分娩 赤ちゃん

古代ローマの将軍シーザーには、母親のお腹を切開して生まれたという伝説があります。
このことから、こうした手術のことをラテン語で「帝王切開」を意味する「sectio caesarea(セクティオ・カエサレア)」と名づけられたとされます。
が、これは正しくありません。

紀元前の医療技術を考えたとき、これはとうていありえない手術です。
そして、シーザーの母親も長生きしたと伝えられています。

そもそも、「caesarea」というのは、ラテン語で「切る」という意味です。
そして、この言葉がドイツ語に訳されたとき、シーザーのことを表わす「Kaiser(皇帝)」と誤訳され、今に至るまで使われ続けているのです。
語源・由来
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
お年玉を入れる袋の「ポチ」の正体は?
「まったり」の語源は?
「たら腹食べる」のたらは、魚の鱈(たら)が語源?
「Kiosk」の語源は?
「今川焼き」の語源は?

広告

語源・由来 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告