平安時代の平均寿命は、たったの27歳だった?
平安時代 京都 宇治 平等院鳳凰堂

日本が世界一の長寿国であることは、よく知られています。
しかしながら、実はこの「座」は、いつまでも安泰(あんたい)ではないようです。

食生態学者(しょくせいたいがくしゃ)の西丸震哉(にしまる しんや)氏は、著書「41歳寿命説」の中で、食生活が乱れている日本の戦後世代の平均寿命は、今の平均寿命に比べて、これからどんどん短くなっていくと述べています。

日本の歴史を振り返ってみると、たとえば、優雅な生活を送っていた”平安時代の平均寿命が男性35歳、女性27歳だった”といわれるように、昔の日本人の平均寿命は決して長くはなかったのです。

平安時代の平均寿命がそのような短命だったのは、栄養失調が原因だったそうなので、それ以前はもっと厳しく、たとえば石器時代には14歳くらいだったであろうと推測する人もいるくらいです。

石器時代 原始人

昔は、栄養失調のほかにも、疫病(えきびょう)、飢餓(きが)、戦争など、長生きできない条件があまりにも多かったので、無理もないと思われますが、それにしても、今から考えれば驚くべき短さです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「耳かき」のフサフサの部分の名前は何?
えっ! 「佐藤栄作」の切手が海外で発売された時、「佐藤B作」と間違って表記された?
サクラには、本当に客寄せ効果がある?
燕尾服の前が、角型なのは何故?
「除菌」「殺菌」「消毒」の違いは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告