男がナンバープレートを盗んだしょーもない理由とは?-縁起かつぎもほどほどに
駐車自動車

世の中には、たくさんの人がいて、いろいろな趣味をもった人たちがいます。
趣味は、時代とともに変わっていくものですが、現在は在宅ワーク、一人旅、バイクなどが人気があるようです。

人気の趣味ランキングベスト10
順位趣 味
1在宅ワーク
2一人旅
3バイク(オートバイ)
4神社・仏閣めぐり
5自転車(サイクリング)
6写真
7射撃
8
9電子工作
10心理学
出典:http://www.syumisaga.com/list/ranking/all_1.html

趣味に没頭(ぼっとう)熱中し、それを極めようとするのはよいことだと思いますが、中には、いわゆるマニアックな、他人には理解しがたい趣味に興(きょう)じる人たちも存在します。
マニアックな趣味をもつこと自体はよいのですが、もしもそれが罪に問われるものであったら、困りものですね。

この事件の犯人も、もしかしら、そのような『困った趣味趣向(しゅみしゅこう)』をもつ者のひとりとして分類できるかも知れません。

クロスワードパズルが三度の飯より好きな彼は、電話番号などの身の周りの数字にもたいへんなこだわりがありました。
そんな彼が所有する車のナンバーは”2381”。
これでは、”ツミはいちばん”になってしまうと、常日頃気にしていました。

そんなある日、彼が自宅近くの通りを歩いていると”1141”という番号のナンバープレートが、ふと目に留(と)まりました。
ゴロあわせで読むと、”いいよい”です。

彼は、

「これは最高だ!」

と、このナンバープレートを失敬(しっけい)し、早速自分の車のナンバープレートの上に張りつけたのです。

しかし、ナンバーが”2381”(ツミはいちばん)でいるよりも、”1141”(いいよい)のプレートを盗むことのほうが、よっぽど罪だとは思わなかったのでしょうか?

いくら数字にこだわりがあるからといっても、縁起をかつぐのはほどほどに、ですね。
珍事件簿
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
家計簿を見てから盗む気配り泥棒?
レースの盲点をついた、八百長競輪の手口とは?
「石狩沼田幌新事件」とは?
首を切り落とされても歩くニワトリ?
13年間父母の仇を探した、しぶとい奴?

広告

珍事件簿 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告