動物の赤ちゃんは、最初に見たものを「親」と思い込む?-「すりこみ」の不思議
眠る 子猫

たとえば、あなたが生まれたばかりの子猫をもらってきたとします。
そしてその子猫に愛情をそそぎ、まるで我が子のように可愛がったとします。
この場合、その子猫は、あなたのことを”生みの親”だと思っているかも知れません。

このようなことが起こるのは、多くの動物にとって、生まれて初めて見た”動くもの”が「親」と認識されるためです。

以下のような実験があります。
生まれたばかりのサルの赤ちゃんに、母ザルの代わりに電気仕掛けのぬいぐるみのサルを見せました。
すると、赤ちゃんはそのぬいぐるみを母親だと思い込み、そのあとに本物の母親と対面させても、何の関心も示さなかったといいます。

これはヒナ鳥も同じです。
人間であろうが、玩具(おもちゃ)であろうが、ぬいぐるみであろうが、最初に見た”動くもの”が彼らにとっては親なのです。
これは、実に不思議な現象です。

じゃれる 子猫

こうした現象は、「すりこみ」あるいは「すりこみ現象」と呼ばれます。
多くの動物は、最初に見た動くものを母親と思い込むよう、本能に”すりこまれて”いるのです。

人間の社会においても、

「生みの親より育ての親」

また、

「氏(うじ)より育ち」

などといわれますが、動物の場合には、これがもっと極端というわけなのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ジンギスカンの墓は、どうしてないか?
「新米」社員の新米は、お米とはまったく関係がない?
世界遺産に選ばれた現在の富士山は、三代目?
世界で最初に発売されたマッチは?
いらなくなった、古いナンバープレートはどうなる?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告