清朝最後の皇帝の最後の晩餐が「チキンラーメン」だったって本当?
チキンラーメン
写真は、こちらからお借りしました。

お湯を入れて蓋をしたら、3分待つだけでおいしいラーメンが食べられる「チキンラーメン」。
このチキンラーメンは、1958年に日清食品の創業者である安藤百服(あんどう ももふく)が開発した、世界初のインスタント麺です。

安藤百福は、終戦直後の大阪・梅田の闇市で、ラーメン屋台に並ぶ行列を見て、

「もっと手軽にラーメンを」

と思ったのが、その開発のきっかけでした。

このチキンラ-メンは、2008年に50周年を迎え、今や世界中で愛されるインスタント食品となっています。

さて、このチキンラーメンを、死の間際に食べたいと願った皇帝がいます。
中国、清朝最後の皇帝であり、その生涯を題材にした映画から「ラストエンペラー」として知られる愛新覚羅溥儀(あいしんかくら ふぎ、アイシンギョロ・プーイー、1906年 - 1967年)です。

愛新覚羅溥儀
愛新覚羅 溥儀 ラスト・エンペラー

愛新覚羅溥儀は、日本と交流が深い親日家で、1923年に起きた関東大震災のときには、城内にある膨大(ぼうだい)な宝石を義捐金(ぎえんきん)として贈ると表明したことでも知られています。

溥儀は、中華人民共和国に文化大革命の嵐が吹き荒れる中で、腎臓がんを患(わずら)いました。
そして、死の間際に所望(しょもう)したのが、晩年の好物であったチキンラーメンだったのです。

しかし、幼い頃から最高級の宮廷料理を食べていたであろう皇帝の、最後に食べたかったものがチキンラーメンだったなんて、何か拍子抜けしてしまいますね。

「チキンラーメンもうまいニャンが、やっぱり、刺身が最高だニャー」
刺身を 食べる ネコ
写真は、こちらからお借りしました。

ちなみに、「カップヌードル」は、この「チキンラーメン」の海外進出をはかって開発されたものです。

ご興味をもたれた方は、以下の記事も併せてお読みになってみてください。

カップヌードルの容器がもつ、優れた機能とは? | Super源さんの雑学事典
http://www.zatsugaku-jiten.net/blog-entry-1006.html

参考にしたサイト
愛新覚羅溥儀 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B%E6%96%B0%E8%A6%9A%E7%BE%85%E6%BA%A5%E5%84%80
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
国産第一号の蛍光灯が設置されたのは、法隆寺だった?
ネット上で、破られやすい最も危険なパスワードは「123456」だった?
渋谷駅前の「モヤイ像」は、実は日本産?
江戸時代から、「ゴミを収集する」制度があった?
酒パックは、何故リサイクルできない?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)