ジョージ・ワシントンの「入れ歯のにおい対策」は斬新だった?
入れ歯 イラスト

入れ歯の歴史は非常に古く、それぞれの時代において、さまざまな工夫が凝(こ)らされてきました。
紀元前700年には、エトルリア(現在の北部イタリアにあった国)の人々によって、金のブリッジによる局部義歯(きょくぶぎし)がつくられていました。

当時の義歯には、動物の骨や象牙(ぞうげ)を刻んだものや、人間の死体からとった健康な歯などが使われていました。

中世になると、歯ぐきの中の虫が虫歯を起こして歯を腐らせるという説が一般的になります。
そして、入れ歯の治療は行なわれなくなりました。
エリザベス一世は、前歯が抜け落ち、口がしぼんでしまったのをたいへん気にして、人前ではいつも口に布を詰めていたそうです。

18世紀初頭のこと、パリの歯科医フォーシャールは、上下の歯をスプリングで連結する総入れ歯をつくりました。
ところがこの総入れ歯には、口を閉じたときに歯を食いしばっていないと突然飛び出してしまう、という欠点がありました。

その後、入れ歯は改良が加えられ、人や動物の骨ではなく、陶器製のものが使われるようになっていきます。

「おばあちゃんの入れ歯をちょっと入れてみたワン。どう、似合うワンか?」
入れ歯をした 犬

「見て見て! ボクも入れてみたワン」
入れ歯をした犬_2
上記2枚の写真は、こちらからお借りしました。

さて、入れ歯を初めてアメリカに紹介したのは、ジョン・グリーンウッド博士という人ですが、彼の患者のひとりに、初代大統領のジョージ・ワシントン(1732年 - 1799年)がいました。
ジョージ・ワシントンは、1764年には総入れ歯を使っていたといわれています。

ワシントンは、入れ歯のにおいに悩み、毎晩、入れ歯をワインに漬け込んでいたそうです。
こうしておけばきっと、朝起きてからしばらくは、口の中がよい香りだったのでしょうね。

また、この入れ歯は、スプリングを使って固定する方法を使っていました。
1ドル札に描かれたジョージ・ワシントンのニヒルで素敵な顔は、この入れ歯が飛び出さないように、しっかりとかみしめていたことから、このような表情になったといわれています。

1ドル札 ジョージ・ワシントン

なお、ワシントンの入れ歯は木製といわれていますが、実際には、カバの牙を原料としたものでした。

参考にしたサイト
1ドル紙幣のニヒルなジョージワシントン、入れ歯を食い止めていた苦渋の顔!? | NAVERまとめ
https://matome.naver.jp/odai/2143057765461684201
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ビールのおいしさを作った恩人は、パスツール?
大きな動物病院で、犬を飼っているのは何のため?
遺体と死体の違いは?
「けんちん汁」とは?
学校の創立記念日は、どのように決められる?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)