赤ちゃんも夢を見る?
赤ちゃん 親子

赤ちゃんの寝顔を見ると、本当に穏やかな顔をしています。
一体、どんなを見ているのか、覗(のぞ)いてみたくなるほどです。

大人が夢を見るのは、眠りの浅い「レム睡眠」と呼ばれる状態のときで、瞼(まぶた)を通して、眼球がキョロキョロと動くのが分かります。
このときに叩き起こせば、どんな夢を見ていたのかを聞くことができます。

しかしながら、赤ちゃんの場合、それもできません。

ところで、何故夢を見るのかについて、DNA研究でノーベル賞を受賞したフランシス・クリック(Francis Harry Compton Crick, 1916年 - 2004年)氏らは、以下のような説を発表しています。

「夢によって、記憶のネットワークの細胞のうち、ある集団は保存され、ある集団は消去される。それによって、情報が再分類整理され、脳が混乱しないようにしている。辻褄(つじつま)が合わない奇想天外(きそうてんがい)な夢を見ることが多いのは、このような記憶のネットワークから不特定に拾ってきては、頭から追い出すためである」

夢を見るのは、不要な記憶を消去するためです。
もしも脳にこの機能がなければ、大脳皮質(だいのうひしつ)は巨大なものになってしまうか、あるいは機能を停止してしまうだろうというのです。
そして実際、レム睡眠のないハリモグラは、不釣り合いなほど大きな大脳皮質をもっています。

猫の 見た夢
写真は、こちらからお借りしました。

それでは、まだ整理したり、消去したりするほどの記憶があるとは思えない新生児の場合ほど、レム睡眠の量が多いのは何故なのでしょうか?

これに関しては、クリック氏らは、以下のように説明しています。

「レム睡眠中に脳幹(のうかん)から指令が出て、脳の神経細胞同士をつなぐネットワークをどんどんつくっているためである」

赤ちゃんの脳は、大人の脳以上に、目まぐるしく働いているのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ラジオの蒸気機関車の音は、大根おろし器の音?
タイで王様の悪口をいうと、不敬罪で禁固刑になる?
石焼きイモ屋のイモは、何故家庭で作るよりも甘い?
落語の世界で、手ぬぐいのことを何故「まんだら」と言う?
「モーツァルト効果」とは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告