「爪を噛むと気分が落ち着く」は本当だった?
爪を噛む ネコ

「無くて七癖有って四十八癖(なくてななくせ あってしじゅうはっくせ)」ということわざがあります。
これは、くせがないように見える人でも7つくらいのくせがあり、またくせがありそうに見える人は、48個くらい、たくさんのくせがある、ということをいっています。

つまり、くせというものは、多かれ少なかれ、誰でももっているものだということをいっているわけですね。

さて、そのくせの中でも、比較的よく目にするものに、「を噛(か)む」というものがあります。
このくせは、多くは子供に見られますが、中には大人の中にも見られます。

これらの人たちが、どんなときにを噛んでいるのかをよく見ていると、緊張しているときや、仕事が始まっているときなど、神経質になっているときに、やたらと爪を噛んでいることが分かります。

東洋医学的に説明すれば、このくせは自然の理(ことわり)にかなった行為だといいます。
何故かといえば、”指の先には、神経を鎮めて(しず)めてストレスを和らげるツボがあるからなのです。爪を噛むくせのある人は、そこを歯でコリコリ刺激して、気を鎮めているわけです”。

このツボは、小指と中指の先に2ヶ所あります。
小指の先は小衝(しょうしょう)といって、爪の先と薬指側の爪の生え際(はえぎわ)の2ヶ所にあります。
中指の先は中衝(ちゅうしょう)といい、やはり爪の先と人差し指側の爪の生え際にあります。

神経が高ぶって落ち着かないときや、イライラするときは、要はそこを揉(も)みほぐすようにすればよいわけです。
どこでも簡単にできて、大変便利です。

ちなみに、一説によれば、なんと、あの徳川家康にも、爪を噛むくせがあったといわれています。
NHKの大河ドラマ「真田丸」にも、俳優・内野聖陽(うちの せいよう)の演じる徳川家康が、爪を噛むシーンが出てきます。

真田丸 爪をかむ 徳川家康
写真は、こちらからお借りしました。

家康の場合は、苛立ったり追いつめられりしたときに、爪を噛むくせがあったといいます。
お役立ち 情報
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
熱いおしぼりを賢く作るコツは?
インスタントコーヒーをおいしく入れるには?
ワサビの「ツーン!」を一瞬で消すには?
色あせたジーパンを蘇らせるには?
トイレの臭いをすばやく消すには?

スポンサーリンク

お役立ち情報 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)