なんと、「酵素洗剤」は1000年前からあった?
しみ抜き イラスト
「きゃーっ! 落ちないわ、このしみーっ!」

「バイオから生まれた酵素(こうそ)洗剤」などと聞くと、酵素で汚れを落とすというのは、つい最近発明された手法のように思えます。
が、実はこの手法、なんと、1000年前から行なわれていたようです。

朝鮮半島では、古くからウグイスの糞(ふん)を使って衣類のしみ抜きをしていました。
これは、ウグイスの糞に含まれるタンパク質分解酵素・プロテアーゼを利用したもので、汚れを落とす原理は、現在の酵素洗剤と同じです。

この手法が日本に入ってきたのは、平安時代でした。
日本では、着物のしみ抜きばかりでなく、顔のしみ抜きにも使われました。

今では、酵素でしみを取る化粧品が売られていますが、しみ抜きの原理は同じなので、ウグイスの糞でも可能です。

しかしこのウグイスの糞、においはなかったのでしょうか?
いくら衣類の色が白くなるといっても、変なにおいがしみついてしまっては困りますね。
気になるところではあります。

斑模様の 犬
「オレたちの体にあるのは”しみ”じゃないよ、いっておくけど」

ちなみに、今から100年以上も前の話になりますが、アメリカの陸軍では、軍服についたしみは自分の唾液(だえき)で取れという教えがあったそうです。
これは、唾液に含まれるアミラーゼの働きによって、食べ物のしみをとるという効果を狙ったものだったようです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ワイシャツの裾が、不必要に長いのは何故?
空手と少林寺拳法の違いは?
日本の初代総理大臣は誰?
「うだつが上がらない」のうだつって、何のこと?
排水パイプは、何故曲がっている?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告