相撲番付に書かれた「蒙御免」の正体は?
相撲番付
写真は、こちらからお借りしました。

江戸時代の初め頃の相撲は、街角で行なわれる「辻相撲(つじずもう)」などと呼ばれるもので、勝敗をめぐる口論や刃傷沙汰(にんじょうざた)が絶えなかったといいます。

そこで幕府は、プロの相撲集団を自身の管理下に置き、寺社の建設や修復などをするための費用を捻出(ねんしゅつ)する「勧進相撲(かんじんずもう)」として、その興行(こうぎょう)を許可し、運営自体は町人に任せました。

興行主(勧進元)は、相撲を管轄(かんかつ)する寺社奉行(じしゃぶぎょう)に申し出て許可をもらうことで、興行を開くことができました。

現在も、相撲番付(すもうばんづけ)の中央最上部に「蒙御免(こうむるごめん)」の文字が大書(たいしょ)されているのは、寺社奉行の「御免を蒙(こうむ)った」、つまり、「許可を受けた」という、当時の名残なのです。

また、番付表の左下に、「千穐万歳大々叶」とあります。
これは、「せんしゅうばんざいだいだいかのう」と読み、千秋(「秋」という漢字には火が入っているため、縁起を担いで「穐」に変えられた)楽まで、土俵(舞台)の無事と満員御礼(まんいんおんれい)を祈願するという意味です。
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
イギリスの春は、ライオンのようにやって来る?
グリーンランド(緑の大地)は、極寒の地に移住者を集めるための誇大広告?
クマのぬいぐるみの「テディーベア」のモデルは、アメリカの大統領?
名刺の大きさは、どのように決まった?
スウェーデンでは、かつて小さなシラミで市長を決めていたことがある?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)