「サザエさん」の登場人物が「海産物」になったそもそもの理由とは?
サザエさん
写真は、こちらからお借りしました。

サザエさん」は、日本初の女性プロ漫画家として知られる、佐賀県出身の長谷川町子(はせがわ まちこ、1920年 - 1992年)の作品です。

長谷川町子は、1946年(昭和21年)に、夕刊「フクニチ」から4コマ漫画の連載を依頼されましたが、このとき、当時住んでいた福岡県西新(ふくおかけん にししん)の自宅近くの百道浜(ももちはま)を散策(さんさく)しながら、どのようなマンガにするか、その構想を練りました。

そのため、登場人物の名前が、すべて海産物にちなんだものになったのだといいます。

そしてその後、1969年(昭和44年)に、テレビでサザエさんのアニメ放送がはじまると、ノリスケとタイコの息子がイクラという名前で登場します。

このイクラという名前は、原作にはなかったもので、このとき脚本を担当した雪室俊一(ゆきむろ しゅんいち)の娘さんの好物だったからだといいます。

ちなみに、サザエさんの最終学歴は、あわび女子学園卒業、です。
漫画・アニメ
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「ひみつのアッコちゃん」の変身のときの呪文「テクマクマヤコン」は、実は原作にはなかった?
オバケのQ太郎には、何故毛が3本しかない?
「最終回が待ち遠しい!結末が気になる漫画ランキング」ベスト10
ドラえもんの誕生日は?
鉄腕アトムの誕生日はいつ?

広告

漫画・アニメ | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告