「青い地球」の正体は、海の青さだけではなかった?
地球

かつて人類初の宇宙飛行士・ガガーリンがいった有名な言葉に、「地球は青かった」というのがあります。
これは、海の青さを指していったものと思われているようですが、実は、地球が青く見えるのは、だけではありません。
地球の写真をよく見れば、陸地まで青く見えることが分かるでしょう。

陸地が青く見えるのは、森林から出ている「青いもや」のためです。
昔から、中国や日本では、「青山(せいざん)」、ジャマイカやオーストラリアなどでは「ブルーマウンテン」などの言葉が使われてきましたが、これらも青い地球の正体の一部です。

くわえて、湿度の高い日本では、この青いもやが紫色に見えるため、「山紫水明(さんしすいめい)」という言葉も生まれました。
初夏の頃に、多くの山々が青く霞(かす)んで見えることがありますが、これも同じ現象です。

この青いもやは、植物から発せられるモノテルペンという化学物質によるものです。
その量はかなりのもので、推定で1億トンともいわれます。

モノテルペンは、地球に生い茂る樹木の生命力の象徴といえる物質です。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
トウガラシの辛さは、肥満防止になる?
ブラウン管の形に見られるテレビの変遷?
料理屋の盛り塩は、「お清め」のためではなかった?
「ついてる」というのは、キツネが憑いたこと?
「マジックナンバー」とは?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告