ポテトチップスは、料理人の意地から生まれた?-ポテトチップス誕生秘話
ポテトチップス

1853年、アメリカニューヨーク州にある避暑地(ひしょち)サラトガの、ムーンレイクロッジ(Moon Lake Lodge)というホテルでの出来事です。

ウェイターが、シェフのジョージ・クラム(George Crum)のところへ、フライドポテトの皿を持ってきて、いいました。

「お客が、ポテトチップが厚すぎると文句をいっている」

このシェフは、とても誇り高い人でした。
注文を受けて、

「これならどうだ!」

と、ジャガイモを紙のように薄く切ってカリカリに揚げました。

このジャガイモを見たお客は、

「ここまで薄くしろとはいわなかったが…」

とびっくり。
が、食べてみると、そのおいしいことおいしいこと。

そして、一晩のうちに、その味はホテル中で評判となり、その夏のサラトガでは、大通りでもベランダでも、優雅(ゆうが)に紙コップからポテトチップスをつまむお客の姿が見られたそうです。

ちなみに、日本で初めてポテトチップスが販売されたのは、終戦後の1945年頃といわれています。
ポテトチップスといえば、「カルビー」を思い浮かべる方が多いのではないかと思いますが、当時売られていたのはカルビーではなく、「フラ印」というハワイのメーカーのもので、一般市民には手に入りにくい高級品だったそうです。

フラ印 ポテトチップス
フラ印 ポテトチップス
写真は、こちらからお借りしました。

ポテトチップスの販売に日本で最初に着手したのは「コイケヤ」で、1962年に初めて販売されたのは、意外にも「のり塩味」だったそうです。

「コイケヤ」のポテトチップスは、創業者である小池和夫が、仕事仲間と飲みに行ったお店での出会いから始まりました。
当時は、ポテトチップスは「塩味」が主流でしたが、

「せっかく日本でポテトチップスを作るのだから、日本人になじみのある味にしよう!」

と工夫と研究を重ね、ポテトチップスに合う味として開発されたものが、「のり塩」だったのです。

参考にしたサイト
ポテトチップスの歴史、誕生の意外なきっかけとは!? | 雑学.com
http://kerokero-info.com/2016/11/30/post-2680/
雑学 豆知識
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
「大和三山」とは?
落語の世界で、手ぬぐいのことを何故「まんだら」と言う?
「一太郎」のモデルは実在する?
鼻をつまんで食べると、味が分からなくなるのは何故?
排水パイプは、何故曲がっている?

スポンサーリンク

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)