雷は金属をめがけて落ちるというのはウソだった?
雷 落雷

よく、雷が鳴ったときに、金属を持っていたり、身につけていたりしたら危ない、といわれます。
これは、本当なのでしょうか?

結論を先にいえば、”雷が狙ってくるのは人間が身につけている金属ではなく、人間そのもの”です。

雷に頭部を直撃(ちょくげき)された人を調査したデータがあります。
そのデータによれば、調べた24人のうち半数は、頭にヘアピン1本つけていなかったそうです。
このことからも、雷が決して金属をめがけて落ちてくるものではないことが分かります。

そもそも、雷というのは、極めて強力な放電現象です。
何しろ、普通は電気を通さない絶縁体(ぜつえんたい)である空気をものともせず、5キロメートル以上もある厚い大気の層を突き抜けて、地上に向かってくるのです。

大気を引き裂いてやってくる雷にとっては、人体など、いわば手軽な伝導体(でんどうたい)に過ぎません。
水分が多く、もともと電気の通りやすい人体は、その近くにもっと背の高い伝導体さえなければ、簡単に雷を誘引(ゆういん)してしまいます。

その際、金属製のものを身につけていようがいまいが、関係ないのです。

落雷 放電現象

なので、雷が鳴ったときには、とにかく高いものから2メートル以上離れて、姿勢を低くすることが大切です。
木の下などに避難しても、何の対策にもなりません。
お役立ち 情報
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ピーナッツは、「ナッツ」ではない?
長居の客を追い返す正当な方法とは?
古い野菜を新鮮に見せるには?
有害物質を含む「身近な野菜」とは?
財布を見れば、その人の人柄が分かる?

広告

お役立ち情報 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告