キリンの睡眠時間は、1日たったの20分?
キリン_01

日本人の標準的な睡眠時間は、6時間から7時間といわれます。
それでも眠り足りず、8時間は寝ないと疲れが取れないという方も少なくありません。

そんな方たちは、キリンの睡眠時間を聞いたら、きっと驚くに違いありません。

弱肉強食(じゃくにくきょうしょく)の過酷(かこく)な大自然の中で、生き延びていかなければならない野生動物は、一般に短い睡眠時間で疲労回復できる体になっています。

キリンの場合は、それが顕著(けんちょ)です。
なんと、1日にたったの20分しか寝なくても大丈夫なのです!

もちろん、こんなに睡眠時間が短くても、起きてからしばらくの間ボーッとしている、などということはありません。
敵が来たら、起きたばかりあっても、全速力で走らなければならないので、そんな呑気(のんき)なことはしていられないのです。

しかも、20分のうち、本当に深く眠っているのは、わずか2分というのですから、さらに驚きです!

キリン_02

あとの18分間は、体は眠っていても脳は起きている状態です。

キリンのこの睡眠時間の短さを知ったら、1日の睡眠時間が3時間といわれていたあのナポレオンも、きっと驚嘆(きょうたん)することでしょう。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ハチの体が、目立つ「黄色と黒のシマシマ模様」なのは何故?
なんと、「オジサン」という名前の魚がいる?
宇宙飛行士を悩ませる「宇宙酔い」とは?
「ワシントン条約」とは?
「不甲斐無い(ふがいない)」は、竹取物語から生まれた言葉?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告