虫歯の「虫」の正体は?
虫歯

虫歯になる」といいますが、本当に「虫」が歯を食べているのでしょうか?
また、歯はどのようにして虫歯になっていくのでしょうか?

澱粉(でんぷん)や糖を含む食べ物のかすがにつき、歯垢(しこう)になると、そこに細菌が棲(す)みつきます。
この細菌は、活動すると乳酸(にゅうさん)を出します。
この乳酸は、歯の表面のエナメル質を溶かしていきます。

溶けてできた穴は、細菌のかっこうの棲家(すみか)となり、この穴に入り込んだ細菌は、今度はエナメル質の下の象牙質(ぞうげしつ)をも溶かしていきます。

このようにして、細菌は歯をどんどん溶かしていきます。
これが歯が虫歯になっていくメカニズムです。

虫歯を放っておくと、ついには歯ぐきしか残らなくなってしまいます。
「虫」歯というのは、「無視」できない存在なのです。【><】

ということで、細菌が直接歯を食べているわけではありませんが、虫歯の「虫」の正体は細菌でした。

なお、この細菌が歯と歯茎の間に入っていって炎症(えんしょう)を起こしたものが、歯肉炎(しにくえん)や歯槽膿漏(しそうのうろう)などです。

歯がこのような状態にならないようにするためには、食後の歯磨きが重要であることはいうまでもありません。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
紫外線防止剤のメカニズムは?
太宰治は、芥川賞を選考委員に懇願していた?
お酒で憂さは晴れない?
キラキラネームの元祖は、あの森鴎外だった?
ひな祭りは、平安貴族の一気飲み大会だった?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告