マムシがマムシに噛まれたらどうなる?
マムシ

世界には、たくさんの毒ヘビが存在します。
が、それらがもつ毒は、出血毒と神経毒の2種類に分けられます。

たんぱく質を溶かす出血毒をもっているのは、日本にいる数少ない毒ヘビの1種であるマムシ。
これに対して、噛(か)まれると神経が麻痺(まひ)して死に至る神経毒をもっているのが、毒ヘビの代表格といえるコブラです。

一般に、出血毒をもつヘビは、自分の毒に対しては抗体(こうたい)があるため、同じ種類の出血毒をもつヘビにヘビに噛まれても、死ぬことはありません。

つまり、マムシがマムシに噛まれても、少なくともその毒で死ぬことはないのです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
ファックスは、何故電話回線で送れる?
「壇ノ浦主義」とは、いったいどんな主義?
眠くなると、思わず目をこすってしまうのは何故?
砂糖とグラニュー糖は、どこが違う?
飛行機の「出発時刻」はいつ?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告