マッチ棒が決め手で、ついに自白?
マッチ棒

犯罪のシロクロを決定するのは、何といっても”証拠”です。
たとえば、空き巣などの場合、現行犯で逮捕しても、余罪(よざい)は証拠がない限り追求できません。

かつて、東京及び首都圏で、300件のアパート荒らしを働いたこの男(43歳)もそうでした。
男が認めるのは、現行犯の1件だけで、余罪については絶対にシッポを出しません。
証拠がないため、裁判になっても実刑にはならず、執行猶予(しっこうゆうよ)で放免になってしまいます。

業(ごう)を煮やした警視庁は、合同捜査本部を設置して、この男の張り込みを開始。
男の家に隣接する家の庭を借りて、くる日もくる日も張り込みを続けました。

しかし、敵もさるもの。
張り込みを続けて分かったことはといえば、彼が犯行前に、現場近くの喫茶店に立ち寄り、コーヒーを飲むということだけ。
仕事前の、気つけの1杯ということなのでしょう。
しかしながら、肝心の仕事の中身については、どうしても決定的な証拠がつかめませんでした。

痺(しび)れを切らした捜査陣は、最後の大勝負に打って出ました。
男を未遂事件で逮捕し、立ち寄った喫茶店のマッチを目の前に並べたのです。
その数、7ヶ月分にして300個!
そして、それぞれ喫茶店に行ったあとのアリバイをと迫ったのです。

男は、ついに観念(かんねん)して、300件分の空き巣を白状したのでした。
珍事件簿
スポンサーリンク

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
哲学者になれなかった泥棒?
石につまずいて、宝物を発見?
怪奇現象? 必ず南向きに戻るお地蔵さん
婦警さんとスリの深い深い絆とは?
お見事! 本物の絵だけを盗んだ芸術家ドロ

スポンサーリンク

珍事件簿 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
スポンサーリンク

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

FC2ブログランキングへ

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

リンク


 

アーカイブ

QRコード

QR


開設日: 2005/12/16 (金)