トートバッグは、もともと氷を運ぶための道具だった?
トートバッグ

丈夫で長持ち、そしてシンプルながらちょっとおしゃれな「トートバッグ」。
カンバス地で作られた、厚みのある実用的な手提げバッグです。

「トート(tote)」とは、アメリカの俗語で「運ぶ(carry)」、「背負う」という意味。
トートバッグはその名の通り、ムダを削って持ち運ぶことに特化した機能性が、最大の特徴のバッグです。

さて、このトートバッグを生んだのは、アメリカ最東北部のメイン州に本社を置くアウトドアブランド(L.L.Bean)です。
1944年に、「Ice Carrier(を運ぶバッグ)」として売り出したのが最初です。

当時は電気冷蔵庫がなかったため、メイン州では、冬場に凍った湖から切り出されて貯水庫で保存された氷が、夏場に氷式冷蔵庫用の氷として売られていました。
トートバッグは、この氷を運ぶために生まれた道具なのです。

また、トートバッグの形が、一般的に角ばっているのは、当時の氷が四角く切り出されて売られていたためです。
雑学 豆知識
広告

おすすめ記事
こちらの記事もどうぞ
世界初、究極のガラス製CDの音質は?
「特定保健用食品」とは?
食用油は液体なのに、グラム表示なのは何故?
日本の初代総理大臣は誰?
国産第一号の蛍光灯が設置されたのは、法隆寺だった?

広告

雑学 | Comments(0) |
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
広告

ブログ内検索

INFORMATION

 
 

ランキング

 

アクセスランキング

 

 

カテゴリー
最近のコメント
プロフィール

Super源さんの雑学事典

Super源さん

Author:Super源さん
Birthday:1月3日
東京生まれ。神奈川県在住。
趣味は読書、パソコン、音楽鑑賞。
ネコが大好き。


掲示板

メッセージは、
私書箱まで

ブログ内検索

リンク


 

アーカイブ

広告